新築 制振装置搭載住宅 O邸

制振装置を搭載し、地震力を最大70%抑える“制振住宅”

取手市 O邸


[概要]
所在地:
用途:
構造:
竣工:
施工:
担当:

[使用材料]
外壁仕上げ1:
外壁仕上げ2:
木部塗装:

茨城県取手市
専用住宅
木造(制振装置設置住宅)
2015年11月
有限会社 桂工務店
若林賢太郎


ガルバリウムスパンドレル張り(タニタ社製Zig)
モルタル下地の上ジョリパッド仕上げ
自然塗料塗り(クライデツァイト社製ウッドコート)

 

茨城県取手市で施工した専用住宅です。「箱を重ねたようなデザイン」というご要望のもと、設計を致しました。ご夫婦のセンスの光る家が出来上がり、外観のヤシの木がアクセントになっています。
建築中より「いつオープンするんですか?」と近所を散歩されている方に頻繁に聞かれたというエピソードもあり、その存在感が完成前から注目されていたことを物語ります。
外壁にはタニタ社製ガルバリウムスパンドレルZigを採用。断面が三角に見える特殊な形状の為、住宅によく採用されるガルバリウム鋼板サイディングとはまた違った表情を見せてくれます。
床断熱はA種押出法ポリスチレンフォーム保温板3種100mm。外壁には高性能グラスウール16k100mm。(一部30mmポリスチレンフォームとのダブル断熱)天井断熱は高性能グラスウール16k240mmと、2020年仕様の断熱性能を有しています。
また、当社の売りである制振装置MIRAIE(ミライエ)を設置することにより、最大70%低減。デザイン、断熱、耐震性能の3つが揃った住宅ができあがりました。

 


 
 

新築住宅

リフォーム

お得な情報

お問い合わせ



制振装置装備住宅

ゼロエネルギー住宅

分譲地情報

断熱リフォーム

ガラス交換リフォーム

かわいいリフォーム

見学会情報

Twitter

担当者日記

お問い合わせフォーム



Katsura-komuten Web Site. since 2014