リフォーム 省エネリフォーム、水回り・室内改修

省エネ住宅ポイント対象工事 お見積り致します!NEW!

もうすぐ「省エネ住宅ポイント」の申し込みが開始となります。
この「省エネ住宅ポイント」は、以前あった住宅版エコポイントと似たような制度で、
対象となる工事をするとポイントがもらえて、それを地域の特産品や商品券に交換できるというもので、以前住宅版エコポイントがあった時には、当社でも沢山申請を行いました。

今回も条件は変わったものの、基本的には同じような工事を対象としているようです。

当社では
新築でもこのエコポイントをもらえる仕様に対応しておりますが、ここではリフォームについて少しだけお話ししましょう。
詳しい内容は、当社のスタッフが現場の採寸など行いながら、詳しくご説明致しますので、是非お見積りだけでもお気軽にご相談ください!

<対象となる工事>

まず今回の「省エネ住宅ポイント」の対象になる主な工事ですが、「光熱費を安くするための工事」というのが対象になっていると頭に入れておくと理解がしやすいです。

※こちらで説明することは、私たちがおすすめする工事の内容ですので、詳しく内容を知りたい方は、担当の若林にご連絡頂くか、右の画像をクリックしてHPでご確認ください。

 

<窓の断熱改修

これは対象となる工事の中で、一番手軽に行う事ができる工事ですね。
窓は建物の中で
「一番熱が逃げやすい箇所」です。「窓ガラスをペアガラスに交換する」工事や「内窓を設置する工事」がおススメです。

私たちがおススメする「内窓を設置する工事」のご紹介を致しましょう。

右の写真は、いつも私たちが設置している、リクシル社「インプラス」設置断面です。シルバーの窓が、既存の窓。内窓は室内側の木枠に設置します。
左側の窓が「内窓」になります。

この「内窓」は表面に見える部分が「樹脂でできている」ので、結露にも効果を発揮します。また、ガラスの仕様も、写真は1枚ガラスですが、ペアガラスの仕様もありますし、和室には障子に見えるガラスの仕様もあり、洋室だけでなく和室にもおすすめしています。

私たちがこの内窓工事をおススメしているのは、「新たな空気層」がかなり大きく取れるからです。
窓の断熱効果を高めるには、ガラス面の断熱効果を高める必要があるのですが、ペアガラスなどへのガラス交換で得られる新しい空気層が6mmから大きくて1cm程度であるのに対し、内窓を設置する工事では6cm以上取ることも可能です。

工事代金は実はそれほど変わらなくなるので、それであれば効果の高い内窓をお勧めしているというわけです。

「内窓を設置する工事」は1窓あたり、1時間程度で行うことができます。
主なサイズの内窓の金額を書きましたので、参考にしてください。
実際の発注には、mm単位の細かい採寸が必要になりますので、見積もりと同時に採寸をご依頼ください。

<料金の例>
幅120cm×高110cm 1枚ガラス3mmの材料代 定価37,000円 → 販売価格21,000円(税抜)
※このほかに窓の設置費用を頂きますが、同時に4窓以上の施工がある場合、1窓につき3000円で施工させて頂きます。
※この他に別途消費税、工事経費約8%を見積もりに入れさせて頂きます。

<その他の対象工事>

その他にも外壁や天井、床の断熱工事設備の省エネ化工事など、対象になる工事があり、更にこれらの必須工事を行った場合、手すり設置などのバリアフリー工事などでもポイントをもらうことができます。

せっかくの制度ですから、ちょうどリフォームを考えていたというお客様は利用してみてはいかがでしょうか?
ポイントの申請は3月10日スタートです!
予算がなくなり次第終了になりますので、お申し込みはお早めに!

担当 若林賢太郎

 

新築住宅

リフォーム

お得な情報

お問い合わせ



制振装置装備住宅

ゼロエネルギー住宅

分譲地情報

断熱リフォーム

ガラス交換リフォーム

かわいいリフォーム

見学会情報

Twitter

担当者日記

お問い合わせフォーム



Katsura-komuten Web Site. since 2014